News

【調査リリース】目標貯蓄額は平均世帯貯蓄額の2倍!キャリア女性のマネー事情

『キャリア女性のお金に対する意識調査結果』
キャリア女性の貯蓄目標額は
平均世帯貯蓄額の約2倍「2,000万円以上」
一方で貯蓄目的は「もしもの時のため」

ハイキャリア女性向け転職サイトを運営する株式会社LiB(住所:東京都渋谷区、代表取締役:松本洋介)は、キャリアを積んで来た女性18,957名(*)を対象に、キャリア女性がお金やマネープランに対してどんな意識を持っているのか、調査を実施いたしました。
(*)有効回答数:467名

【主な調査結果】

  1. ◆キャリア女性のユニークな節約術は、「旅行に行きたくなったらGoogle Earthで擬似トリップ」や「カットモデルで美容室代を節約」
  2. ◆貯蓄をしている目的は「もしもの時のため」
  3. ◆キャリア女性の貯蓄目標額は2,000万円以上プレスリリース本文は、下記よりダウンロード頂けます。
    【調査リリース】目標貯蓄額は平均世帯貯蓄額の2倍!キャリア女性のマネー事情

キャリア女性のマネープラン

現在貯金はしていますか?

・している :84%
・していない :16%

何のために貯金をしていますか?

・もしもの時のため :28%
・老後のため:22%
・家族のため:20%
・結婚資金:10%
・マイホーム購入のため:6%

図1

キャリア女性に対し、「何のために貯金しているか」質問したところ「もしもの時のため」(28%)という回答が1番多いという結果が出ました。続いて、「老後のため」(22%)、「家族のため」(20%)という結果が出ました。これにより、半数以上が「未来の生活に対する保険」として、貯蓄していることが分りました。キャリア女性は安定思考で、刹那的なお金の使い方をしていない傾向にあるということが分りました。

貯蓄の目標額を決めていますか?

・2,000万以上 15%
・100万以上300万未満 14%
・1,000万以上2,000万未満 11%
・300万以上500万未満 9%
・800万以上1,000万未満 8%
・決めていない 31%

図2

「貯蓄目標額」について質問したところ、「2,000万以上」(15%)という回答が1番多いという結果が出ました。また、2番目に多い回答として、「100万以上300万未満」(14%)、3番目に多い回答として、「1,000万以上2,000万未満」(11%)という結果が出ました。
1世帯平均貯蓄額が「1,047万円」(平成25年 厚生労働省国民生活基礎調査より)という現代において、「キャリア女性は平均よりも上の貯蓄額を目指している人が多い」ということが分りました。

キャリア女性の節約術は「一石二鳥」「スマホ活用」

身近で聞いたことのあるユニークな節約術を教えてください。

キャリアを積んで来た女性を対象に、「身近で聞いたことのあるユニークな節約術」について質問したところ
・電車に乗らず、一駅二駅は歩く!(36-40歳 正社員)
・ペットボトルに水を入れてお風呂の湯量かさ増しする。(31-35歳 正社員)
・無駄な洋服を買わないように、持っている洋服をすべてスマホに撮り込んでいる。そこを見ながら、似たものがないか、合わせやすいかを検討する。(26-30歳 正社員)
・旅行に行きたくなったらGoogle Earthで擬似トリップする。(26-30歳 派遣社員)
といった、「美容やダイエットと合わせ一石二鳥」「スマホを駆使した節約術」の回答が目立ちました。

図3

キャリア女性のボーナス事情

現在お勤めの会社は、ボーナスがありますか?

・ある 65%
・ない 23%
・業績に応じて 12%

どのようなことにボーナスを使いますか?

・貯蓄 36%
・旅行 24.2%
・ローンの返済 12.5%
・大きな買い物 7.4%
・その他 19.9%

図4

キャリア女性の資金運用

資金運用(貯蓄を含む)をしていますか?している場合、どのような資金運用をしていますか?

・普通預金 46.8%
・定期預金 38.3%
・していない 16%
・投資信託 15.1%
・株式 12.5%

資金運用は給与の何%を使いますか?

・5%未満 37.3%
・5%以上10%未満 26.6%
・10%以上25%未満 19.9%
・25%以上30%未満 7.7%
・30%以上35%未満 3.3%

図5

調査概要

・実施期間 :2015年5月20日~5月24日
・対象:キャリアを積んで来た女性
LiBz CAREER(リブズキャリア)会員:18,957名(有効回答数467名)、
・調査手法:インターネット調査
※本調査結果をご使用される際は、【株式会社LiB調べ」とご記載いただけましたら幸いでございます。